3人の男性

365日対応中!害獣駆除業者の実態~快適な生活を送るために~

都会でも増えてる

屋根裏

害獣被害は、田舎で多いというイメージがあるでしょう。しかし、現代では都会でも被害が増えているので害獣駆除について知っておかないといけません。どういった害獣が都会に存在するのかといえば、代表的なアライグマ、イタチ、ハクビシンです。この中でも、イタチの被害にあっている一般家庭はとても多くて困っているという人も多いでしょう。どうしてイタチは、都会で暮らせていけるのかといえば、小さな隙間があればどこでも侵入できますし、住宅の断熱材を巣にして暮らせるので田舎や都会関係なく暮らすことができます。最近特に増えている被害といえば、断熱材の破壊です。断熱材の役割は、家から温度が逃げないように特殊な原材で作られています。それに、この素材は少しふわふわとしたものになっているのでイタチなどの動物にとっては巣を作りやすく温かいことから断熱材を巣にしているのが多いのです。ですが、人間からしたら断熱材が破壊されてしまうと熱が逃げてしまって寒いですし、イタチやハクビシンは同じところに糞尿をする習性があるので天井裏からシミができてしまうということが起こってしまいます。

そうなると、生活環境に問題が出てきます。それに、糞尿の臭いはとても不快ですから早くなんとかしないとどんどん悪臭が家に広がってしまいます。それに、こういった害獣にはダニやノミだけではなく病原菌も体に潜んでいるので早急に害獣駆除を行なってもらったほうがいいでしょう。都会だから大丈夫と思っているのではなく、少しでも家に変化があったり、家の近くで見かけるようになったりしたら悩まずに害獣駆除の業者へ連絡することをおすすめします。害獣駆除の業者は、全国各地にありますので自宅から近いところを探して来てもらうといいでしょう。